店舗DX用語解説

イライラするレジの待ち時間を解消する。FollowUP_Queue count『レジ待ち行列監視システム』でできること

イライラするレジ待ち時間を解消するFollowUP_Queuecount『レジ待ち行列監視システム』でできること

誰でも買い物の時にレジ待ちをさせられるとイライラしてしまうものです。特に買うものが決まっている計画購買層は欲しい物だけ買いに来たのに、なんでこんなレジで並ばないといけないんだと、レジ待ちに対してネガティブな感情を抱きやすいものです。

店舗としてはできる限りレジ待ちを発生させずにスムーズにレジ打ちを終わらせて、お客様には気持ちよく買い物をしていただきたいものです。

そんなレジ待ちを解消すべく、「FollowUP_Queue count」はレジ待ち行列監視システムとして開発されました。

まず、レジ待ち行列監視システムとはどのようなものか、解説していきます。

レジ待ち行列監視とは?

既存のレジ台数で一気に捌けるお客様の数には限度があり、そのキャパシティを超えるとレジを待つ行列が発生します。

この様な状況を打開するために、レジに対して店舗側としてできることは、

  • 各レジの処理速度を上げる
  • レジの台数を増やす

の2つです。

そこで行列ができた時に検知し、手の空いているスタッフがレジを開けるなどの対応ができれば、早めにお客様のイライラ解消ができます。

スーパーやドラッグストアなど混雑しがちな店舗で「レジ応援お願いします」というアナウンスが流れるのを耳にしたことがある方は多いことでしょう。

スタッフは品出しや接客などに夢中になるあまり、気づかずにレジ待ちの行列が長くなってしまうことも珍しくありません。

行列を自動で検知してスタッフに知らせてくれるシステムを導入することで、行列を常に気にしないといけない状況からスタッフを開放します。それを実現することを可能にするのがFollowUP_Queue count「レジ待ち行列監視システム」です。

レジ待ち行列監視

レジ待ち行列を解消する目的は?

そもそもレジ待ち行列は解消する必要があるのでしょうか?

このようなシステムが開発されるまで、基本的に人の力でレジ待ち行列を対処していました。

そこにはどのような課題があったのでしょうか?

  • レジ前の行列を早く解消したい
  • レジ待ちを減らしてお店の回転率をあげたい
  • コロナ禍で店内の密状態をなくしたい
  • 行列が出来たときは早く知りたい

課題を解決するには人件費を増やして店員を採用する方法もありますが、レジ待ちがない時間帯には無駄になってしまいます。

また、スタッフや状況によって行列に気づいたり気づかなかったりの属人的な方法になってしまいがちです。

レジ前の行列を効率的解消するシステムとしてレジ待ち行列監視システムが開発されたのです。

機能は?

基本機能

レジ待ち行列監視のシステムは次のような仕組みから成り立っています。

  1. 天井に設置されたカメラで映像を撮り、分析
  2. カメラの映像からレジ待ちをしている人数を検知
  3. 行列が出来ていた場合、アラームを鳴らす

導入後は店舗の店員はアラームが鳴ったときだけレジ応援を行えば済みます。

レジに常駐する必要がなくなり、品出しや掃除など他の作業を行うことができるので、店員は効率よく作業に集中できる手助けとなります。

高い監視・検知精度

レジ付近では、行列に並んでいるお客様とそうでないお客様の区別が必要になります。

人間の目視では簡単に判断できることですが、システムに監視させると難しい問題になります。その対策も「FollowUP_Queue count」ではしっかり行われています。

精度が高いおかげで、安心してレジ待ち行列監視システムに監視・検知を任せることができます。

ログデータの収集

監視しているレジ前の行列のログデータを収集します。

通常業務ではデータを収集しづらい行列の発生や待ち時間を取り、業務の改善に活かすことができます。

できることは?

レジ待ち行列が出来たらアラームを鳴らすだけではありません。このシステムを活用してどのようなことができるか、3つご紹介します。

  • 行列を早めに検知し、解消することで顧客を待たせない

列が何人できたらレジ応援をするべきかは店舗ごとに異なります。FollowUP_Queue countではその設定を自由に行うことができます。

それにより、店舗にとって最適な人員配置と最適な回転率を実現することができ、本当に追加でレジの開放が必要な時にスムーズにレジ対応を行うことができます。

お客様にはレジで待たせてしまうことのないようレジ対応を行い、気持ちよくお買い物を終えていただきたいものですね。

  • 行列に気づかないままの時間を短縮できる

行列に気づかないとお客様を待たせてしまい、お客様の不満は増加してしまいます。

不満が積み重なると、「次からは別の店舗にいくことにしようかな」などと思われて再来店の機会も失ってしまいかねません。レジ行列に早く気づけることで、お客様の買い物体験をより良いものにできます。

また特にコロナ禍の現代においてはレジ待ちでの3密は避けたいものです。

レジ前の3密対策や、さらに機能を上手く使うことで店舗の入店規制の判断軸にもできます。

  • 収集したデータから店舗の実情を分析し、業務改善に!

ログにはいつ、何回アラームを鳴らしたなどのデータが収集されます。収集したログを解析することで、レジ待ちの多い時間や少ない時間の把握、店員の配置の最適化などを行うことができます。

POSなどのレジの履歴ではお客様が購入した日時や商品などしか把握することができません。

「FollowUP_Queue count」によって来店数や購買率を計測し、分析に活かすことができればさらなる業務改善を行うことができます。

まとめ

「レジ待ち行列監視システム」では、レジ待ちの行列ができた時にアラームを鳴らしてレジ待ちをすぐに解消することができます。

お客様もレジ対応を行う店員も両方のストレスを解消でき、業務改善に役立てるシステムです。

是非、「FollowUp_Queue count」をご検討してみてください。

ABOUT ME
RioOsumi
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチームインターン。 イギリスで小学生時代を過ごした経験から海外事情に精通しており翻訳やマーケで活躍中。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度