働き方

エリアマネージャーの仕事とは?業務内容と必要スキルについて徹底分析!

Originally posted on 2021年7月1日 @ 5:58 PM

エリアマネージャーとは?

エリアマネージャーとは具体的にどのような業務を行うのでしょうか。また、どのようなスキルが求められているのでしょうか。今回はエリアマネージャーの定義や求められるスキルを中心に解説します。

エリアマネージャーに興味がある方や今後エリアマネージャーになって活躍したい方は、ぜひ参考になさってください。

エリアマネージャーの定義

エリアマネージャーとは、決まった範囲内の支店や店舗の総括、運営管理、監視を行う役職です。販売業やサービス業界で主に使われる役職であり、他にもスーパーやコンビニなどの小売業界、福祉業界や飲食業界でも使われます。

多店舗の管理が任せられるため、経験豊富な人がエリアマネージャーとなり、各店舗の売上や利益を最大化を目指す必要があります。もし、担当エリアの支店や店舗の評判が悪かったり、業績が良くない場合は、エリアマネージャーが責任に問われます。そのため、エリアマネージャーはとても重要で、責任感の強い役職といえます。

エリアマネージャーの仕事内容

会社の利益のために貢献し、責任感の強い職業であるエリアマネージャーですが、どのような仕事を行っているのでしょうか。

・本社と店舗の連携役

エリアマネージャーは、本社が決めた経営方針や販売方針などの指示を担当するエリア内の店舗や支店に伝えるといったトップダウンを行います。またそれらの決定事項が担当店舗に反映されているかを監督する立場でもあります。

また、トップダウンだけでなく、現場で働く従業員の声を聞き、課題点や日々の営業から経営に活かせることを本社に伝えるといったボトムアップも行います。

つまり、本社と現場の「橋渡し役」となることで会社全体の経営を円滑に回すのがエリアマネージャーの役割の一つです。

・担当エリアのマーケティング

エリアマネージャーは担当するエリア内の地域特性や客層などの環境に合わせた店舗・支店づくりを行えるように市場の構造を把握する必要があります。例えば、「ビジネス街なのか住宅街なのか」「どのような客層からの支持が大きいか」「売り上げが上がる時間帯」「競合の他社はあるか」などです。

実際のデータから市場の構造を細分化し、把握することで、担当エリア内の店舗や支店づくりに反映させ、利益向上につながるマーケティング能力が求められます。

・人員管理/人材育成

店舗経営において、人材育成は欠かせません。エリアマネージャーは、エリア内の支店や店舗の人員の融通を図ったり、店舗の人員を管理することで、各店舗のスムーズな営業を支えます。また、 店長やスタッフにアドバイスを行ったりすることで、社内人材の能力強化を行い、更なる店舗の利益拡大に貢献する役割を担います。

店舗運営に関わるスタッフ個人個人の能力や意思に合った指導と店舗がスムーズに日々の業務が出来るような人員の管理がエリアマネージャーに求められます。

エリアマネージャーに必要なスキル

エリアマネージャーには、数字管理能力、教育スキル、コミュニケーション能力の3つが必要不可欠なスキルとなります。

数字管理能力

エリアマネージャーは数値を分析し、支店や店舗の現状を把握する必要があります。

例えば、利益増大に向けた新しい企画を考案し、実施をしたとして、その結果がどのように数字として表われているかを分析し、評価する場面があったとします。ここで求められるスキルはただ数字を見て、売り上げの変動を分析するだけでは足りません。新しい企画の結果、どのようにして利益向上につながったのかという1つの数字に対する背景を読み解く力が必要となります。

よって、エリアマネージャーには1つ1つの数字を細かく分析することで、問題点を見つけたり、評価することで利益の向上につなげられる能力が求められます。

教育スキル

高い能力を持った人材は、店舗の売り上げなどを左右するカギとなります。そのため、スタッフの人材育成が必須となり、育成する立場にいる場合は、適切で具体的な目標を設定するための客観性や教育するための力や器量が求められます。

コミュニケーション能力

エリアマネージャーの仕事内容にトップダウンやボトムアップのための「橋渡し役」というものがあると上記しましたが、橋渡し役にはコミュニケーション能力が重視されます。

例えば、本部からの決定事項を聞いた上で、支店や店舗にその内容を詳しく説明する際、経営方針を聞いた時に上手く理解できていなければ、上手く説明ができません。そして、理解できていたとしても、上手くその内容を実際の店舗で働くスタッフに説明できなければ、理解してもらえないかもしれません。エリアマネージャーがうまく機能せず、本部と店舗間でのコミュニケーションが取れていない場合、店舗経営にとって大きなマイナスとなってしまう危険性もあります。

上手く本部と各支店をつなぎ、円滑な情報伝達を行うためには、高いコミュニケーション能力が必要です。

まとめ

今回はエリアマネージャーの概要と必要なスキルを中心にご紹介しました。エリアマネージャーは、円滑な経営や利益の向上のためになくてはならない存在で、まさに縁の下の力持ちともいえる存在です。そのため、求められるスキルは多く、責任感も強い役職です。しかし、やりがいはとても感じられる職業なのでぜひ挑戦してみてください。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。本メディアでは、店舗DXの記事を掲載しております。興味がある記事がありましたら、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
RioOsumi
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチームインターン。 イギリスで小学生時代を過ごした経験から海外事情に精通しており翻訳やマーケで活躍中。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度