店舗DX事例

株式会社マスヤ、やみつきになる究極味のせんべいをAIが開発「おにぎりせんべい AIせんべい」発売!

AIせんべい

データアーティスト株式会社は、テレビ東京のビジネス開発バラエティ番組「今日からやる会議」のビジネスコラボ企画をきっかけに、株式会社マスヤの新商品「AIせんべい」に対して、AIによる「味覚設計プロセス」を提供いたしました。


子供からお年寄りまで愛されるマスヤの新商品「おにぎりせんべいAIせんべい」は、2022年3月22日(火)全国のローソン店舗にて先行発売いたします。
※一部店舗を除く

AIせんべい
AIせんべい

AIを用いて「やみつきになる味」を科学する

今回、マスヤが目指したコンセプトは「やみつきになる究極の味」をAIによって生成する事です。その味覚設計の過程において、データアーティストのAIを活用して、これまでにない全く新しい味覚開発アプローチが取られています。
人工知能を活用した味覚開発プロセスは次の通りです。

味覚開発プロセス
味覚開発プロセス
  1. WEB上に存在するレシピ情報の中から、レシピ名に「やみつき」と記載のある8万2000個もの膨大なレシピの調理食材をAIが学習
  2. その食材の組合せを1兆回以上もシミュレーションし、やみつきになる食材の最適な組合せを発見。AIが弾き出したやみつき度は99.8%

AIが導き出した「やみつき度」が最も高い食材の組合せを、マスヤ研究スタッフが最終的にフレーバーに落とし込み「おにぎりせんべい AIせんべい」が誕生しました。
いわば、AIを用いて「やみつきになる味」を科学的に分析し、最適な味覚を産み出したアプローチとなっています。

さまざまな食品に応用可能

AIを用いたこのアプローチは、コンセプトを体現する「最適な組み合わせ」をAIが算出し実現する手法です。
分析が可能なデータの収集ができるものであれば、「最もロマンチックな味」「最も都会的な味」「最もドキドキする味」など、せんべい以外の食品でも使える味覚の設計が可能です。

味覚の設計が可能
味覚の設計が可能

食品業界だけではなく、ビジネス領域での活用も

最適な組み合わせをAIが算出するこの手法は、食品業界以外のビジネスでの応用も可能です。

  • 20代の若者がパッケージ買いしやすい配色
  • 30~40代女性が選ぶ美容ドリンクの成分
  • 家族構成に応じた国内リゾートツアー

コンセプトに沿った最適な組合わせを算出することができるため、新商品や新サービスの開発における新しい手法をAIが生み出すことが可能になります。

出典元:PR TIMES