最新ニュース

世の中の気分の浮き沈みを推定する「全国ムード指数」を公開!Yahoo!JAPAN研究所

世の中の気分の浮き沈みを推定する「全国ムード指数」を公開!Yahoo!JAPAN研究所

Yahoo! JAPAN研究所は慶應義塾大学SFC研究所と連携し、検索キーワードなどの情報を基に「世の中の気分」(以下、ムード)の浮き沈みを推定する「全国ムード指数」を公開しました。

備考

「Yahoo!検索」で検索されたキーワード、検索した曜日や時間、デバイスなどのビッグデータを活用しています。
「ムード指数」を推定する際に活用するビッグデータは、プライバシーポリシーの範囲内でユーザーの同意に基づき取得したデータをもとに、統計化し個人を識別できない形に加工のうえで活用しています。
なお、「ムード指数」はあくまでも推定であり、正確性を証明するものではありません。

全国ムード指数

Yahoo! JAPAN研究所は、Yahoo! JAPANのミッション「情報技術のチカラで、日本をもっと便利に。」を実現してより良いサービスを提供するために、ムードの推定を通じてユーザーをより理解していくことが重要であると考えています。

2019年度に実証実験を行い、モニターの方から同意のもと取得した検索データやセンサーデータ、調査アンケートデータから慶應義塾大学SFC研究所と連携。
機械学習を活用して、検索キーワードからムードを推定するAI「検索気分モデル」を作成しました。

分析を行うと、特定の検索キーワードとユーザーのムードには関係性があることなどがわかりました。

  • 土日はムードが高くなり、(休日後の)月曜はムードが低くなる
  • 新型コロナによる緊急事態宣言が発令されるとムードが低くなる
  • 新型コロナに関して、第一波、第二波と時間が経過するにつれて、ムードの低下具合が緩和されている(新型コロナに慣れつつあることが推測される)

詳細は、Yahoo! JAPAN コーポレートブログをご覧ください。
https://about.yahoo.co.jp/info/blog/20210405/bigdata.html

これまで「全国ムード指数」は一般公開をしていませんでした。
より多くのユーザーにAIやデータを使ったテクノロジーの楽しみや将来の可能性を知ってもらうため、「全国ムード指数」ページにて、週単位の傾向を公開することとなりました。

両者の役割

Yahoo! JAPAN研究所

  • 2019年度に実証実験を行い、協力を得たモニターの方の検索データやセンサーデータ、調査アンケートデータを収集
  • 慶應義塾大学SFC研究所と連携し、AI「検索気分モデル」を作成
  • 「全国ムード指数」ページの運用

慶應義塾大学SFC研究所

  • データマイニング(ビッグデータの中から有益な情報を抽出する技術)
  • Yahoo! JAPAN研究所と連携し、AI「検索気分モデル」を作成

URL

全国ムード指数

全国ムード指数
https://moodscore.yahoo.co.jp/

プライバシーポリシーについて

Yahoo! JAPANは「データはお客様のものである」という考えのもと、ユーザーが安心してサービスを利用できるよう、プライバシーポリシーやプライバシーセンターを通じて各種データの取り扱いについて掲載しています。

プライバシーポリシー
https://about.yahoo.co.jp/common/terms/chapter1/#cf2nd

プライバシーセンター
https://privacy.yahoo.co.jp/

出典元:PR TIMES