最新ニュース

イオンリテール、従業員12万人の働き方が変わる!勤務シフトをAIが自動作成

イオンリテール、従業員12万人の働き方が変わる!勤務シフトをAIが自動作成

イオンリテールは、「従業員体験価値(EX)」向上のため、「イオン」「イオンスタイル」約350店舗で、チームの勤務計画を自動で起案するシステム「AIワーク」と、デジタルサイネージでチーム内の情報共有を行うツール「MaI(マイ)ボード」を展開することになりました。
※関東・北陸信越・東海・近畿・中四国の店舗。一部店舗を除く。

「AIワーク」「MaI(マイ)ボード」の概要

スケジュール

AIワーク2022年7月より順次展開
デリカ、食品オペレーションで7月に運用開始
その後、食品全部門とH&BCへ拡大予定
MaIボード2022年7月25日現在、240店舗で展開
順次拡大予定

展開店舗

「イオン」「イオンスタイル」約350店舗
関東・北陸信越・東海・近畿・中四国の店舗。一部店舗を除く。

「AIワーク」について

イオンリテール AIワークを導入

「AIワーク」は、チームの勤務計画を自動で起案するシステムです。

「AIワーク」操作の流れ
  1. 従業員一人ひとりの勤務パターンをシステムに入力
  2. 入力したデータから勤務パターンのモデルを作成
  3. 実際の勤務希望と月間労働時間をもとに、AIが自動で適切な勤務計画を起案

従業員各人の職能もデータ化することで、チームの課題を把握が容易になり、補充人員の確保や技能教育などを、よりスムーズに行えます。
時間帯ごとの作業割り当ての実装を2022年10月ごろに予定しています。

2022年6月に約60店舗で試験導入した結果

  • 利用部門の勤務計画作成時間が70%低減
  • 勤務希望の申請や勤務計画の確認を携帯端末上でできる
  • 勤務計画に関わる紙の使用量を90%削減
勤務計画に関わる紙の使用量を90%削減

「MaIボード」について

イオンリテール MaIボードを導入

「MaIボード」は、デジタルサイネージでチーム内の情報共有を行うツールです。デジタルサイネージの大きな画面で業務連絡や作業指示が確認できます。

MaIボード イメージ

「改善のヒント」となる情報も常時更新されます。

  • 営業数値
  • チラシ情報
  • 近隣店舗との比較
  • 好調商品 など
売上進捗や連絡事項を表示
売上進捗や連絡事項を表示
チーム単位でのミーティングに活用
チーム単位でのミーティングに活用

目指す姿

イオンリテールがデジタルを活用した従業員の体験価値(EX)向上で目指す姿は、「より働きがいのある」職場の実現とお客さまへの提供価値の向上です。

AIによる予測精度の高い計画は、ムダ・ムリ・ムラの少ない適切な人員配置に近づけ、生産性の高い環境へと導きます。
さらに、MaIボードによってチームでの改善活動が促進されることで、自分たちで売場や環境を良くする機会が増え、よりいっそうの働きがいを感じられる職場となります。

イオンリテールは、スマートでやりがいある働き方を推進し、お客さまへの提供価値をよりいっそう高めてまいります。

出典元:PR TIMES