働き方

BOPIS(ボピス)とは?注目される店舗受け取りサービスの特徴・事例紹介【店舗DX最新情報vol.11】

こんにちは!毎週月曜日に、最新の店舗DXの最新情報を配信していきます!

今週のTOPニュースは??

BOPIS(ボピス)とは?注目される店舗受け取りサービスの特徴・事例紹介

インターネットで買い物をする機会も増え、ECは新たな展開を迎えています。BOPIS(ボピス)とは、Webで注文した商品を直接店舗で受け取る仕組みのことです。顧客の購入プロセBOPIS(ボピス)はインターネットで注文した商品を実店舗で受け取れる仕組みを指します。Webで購入した商品を自宅に送り届けてくれる通信販売とは異なりますが、BOPISは顧客・店舗の双方にメリットがあります。たとえば、顧客からすると送料がかからずに気軽に買い物ができ、店舗にとっても来店してもらうきっかけとなる点があげられるでしょう。BOPISの基本的な仕組みや導入のための条件、成功事例などを解説します。

https://eczine.jp/article/detail/10378

FollowUPくん

僕も店舗受け取りしたことあるけど、ポイントがプラスで溜まったりする仕組みがあったりして面倒くさいと思う気持ちよりも、お得感が高かったね!

続いてのニュースは??

LINEが店舗スタッフと顧客が直接コミュニケーションできる「LINE STAFF START」開始

LINEは、同社のコミュニケーションアプリ「LINE」を通して店舗スタッフが顧客と直接コミュニケーションできるサービス「LINE STAFF START」を11月18日に本格的に始めた、と同日発表した。小売店向けネット販売促進サービス事業のバニッシュ・スタンダードが展開するスタッフDX(デジタル変革)アプリケーションサービス「STAFF START」の機能を活用する。

https://webtan.impress.co.jp/n/2021/11/19/41958

FollowUPくん

ECサイトしかないようなアパレルとかで使えるようになると、便利だよね。

最後のニュースは??

「ぐるなび」飲食店LIVEカメラで混雑状況を可視化 すいている時間帯は割引クーポンも

ぐるなびは、飲食店にLIVEカメラと人感センサーを設置して混雑可視化を行い、お店の予約状況と掛け合わせて、空いてる時間帯に自動でクーポンを発出させる実証実験を開始しました。これによって、ユーザー側は、空いている店舗を選べるてクーポンも取得でき、店舗側は、集客につなげることができます。

https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2111/10/news004.html

FollowUPくん

ユーザーが気軽に試せるサービスになるか気になるね。ぜひとも利用してみたいサービスだね。

いかがでしたでしょうか?日々新たなサービスが生まれていて、店舗DXがますます盛り上がっていくのがわかりますね。

店舗DX.comの最新記事も要チェックです!

クレームの対応方法
接客業で誰しもが経験するクレーム対応でも緊張せずに応対する方法接客業でクレーム対応は避けては通れません。苦手だと思いながら緊張してクレーム対応を行っても余計にうまく行かなくなる経験をされたことは有りませんか?クレーム対応におけるNGと対応のポイントを知ってクレームの対処方法を身につけましょう!...
ABOUT ME
NamiShibuya
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチーム。広告代理店や事業会社でSEOコンサルティングやシステム運用保守などを経験。最近はオウンドメディアの立ち上げがメイン。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度