ビジネスツール

POS・分析ツール比較9選|機能・メリット・選ぶポイント・種類について紹介!

POS分析

POSとは

POSとは「point of sales」の略で「販売時点情報管理」を表します。売り上げ実績をデータで照合・決済し、商品の販売場所や売上額などの販売情報を自動的に収集します。リアルタイムで情報を管理することができるのが特徴です。また、様々な決済方法を活用できるほか、セルフレジへの移行もスムーズに行うことができます。単なる決済機能に留まらず購買分析・在庫管理など、高機能化が進んでいます。

POSレジとPOSシステムの違いとは?

「POSシステム」とは、販売情報を収集したり、入力したりするシステムのことです。このシステムを搭載しているのが「POSレジ」です。PC・タブレット、スマートフォンなどのアプリを経由してクラウドサービスを利用したPOSレジの活用も行われています。

POSレジの3つの種類

ターミナル型

POS専用に作られたレジのことを言います。自動で釣り銭を排出してくれたり、投入したお金を自動で計算してくれたりなど、様々な機能を利用することができます。大規模で多くの人が利用するコンビニエンスストアやスーパーでの利用が多くなっています。

PC型

POSシステムをパソコンにインストールしたものです。所持しているパソコンにシステムをインストールするだけで利用することができ、パソコンさえあれば、レジを購入する必要がありません。PCを持っている小店舗での導入が進んでいます。

タブレット型

パソコン型と同じでタブレットに専用のアプリをインストールするだけでPOSレジ機能を利用することができます。POSレジよりも小さく、持ち運びも容易で設置場所も自由に決めることができます。小さめの店舗のみならず、店舗数の多い企業でも導入されています。

機能

商品管理機能商品の情報を一つずつ登録することができます。
→メーカーや原価などの商品情報だけでなく、売り上げ傾向や在庫数なども個別に出すことが可能です。死に筋商品や売れ筋商品などを的確に見分けることができます。
顧客管
理機能
会員情報を照会することで顧客の購買履歴と合計購入金額を確認することができます。
→それを元にブランドの入荷情報や購入した商品の使い心地など細やかな会話サービスに繋げることができます。
売上管理機能会計処理全体を簡略化することができます。
→現金出納表や売上日報といった帳票作成機能が充実しており、日付などの条件を設定するだけで簡単に帳票を作ることができます。
勤怠管理機能クラウド型サービスでタブレットやPCの画面にアクセスすることで出勤や退勤などの打刻を記録するタイムレコーダーの代わりになります。
→勤怠状況はインターネット経由でリアルタイムに参照されるためオーナーはいつでも勤怠状況を確認することができます。また、給与計算システムと連携することで勤務時間や人件費の集計を簡単に行うことができます。
バーコード管理バーコードを読み込むだけで商品の情報を瞬時に読み取ることができ、会計処理をスムーズに行うことができます。
→手入力の作業を少なくし、会計時のミスを軽減させることに繋がります。

メリット・デメリット

メリット

●人件費削減
業務の効率が上がることによって業務時間が短縮され、人件費の削減を見込むことができます。それに加え、混雑する曜日や時間を把握することでベストなシフト体制を組むことも可能です。また、無人のPOSレジ導入は会計スタッフを減らすことができます。

●顧客満足度アップ
混雑時の従業員増員でお客様対応をスピーディーに行うことができます。また、在庫管理で需要のある商品の在庫切れ防止や会計時のミスを削減することで顧客満足度を高めることができます。

●サービス面の充実
クレジットカードやアプリといった決済面での充実や、ポイント付加などリピーターを掴むサービスを追加することができます。また、オーダーエントリーシステムを使うことで顧客の注文をいち早く知り、提供までの時間を短縮することができるでしょう。

デメリット

▲初期コストがかかる
種類によって価格は違うものの、導入するにあたってそれなりの経費が必要になります。小店舗では人件費よりも導入コストの方が多くかかってしまうことも珍しくありません。メリットを考慮し、経費との兼ね合いも考えて導入するか決めましょう。

▲データ盗難に遭う可能性がある
パソコンを使用しているためウイルスやデータ持ち出しの可能性があります。また、POSレジの提供元次第ではウイルス対策を行っていない可能性も考えられます。情報管理の徹底のため、サポートやセキュリティ面がきちんと行われているかを確認しましょう。

選ぶ際のポイント

自社が必要としている機能が備わっているか

業種や規模によってはよく使う機能とそうでない機能があります。多機能になるほどコストもかかるため、自社が導入する目的を明確化した上で必要な機能が備わったPOSレジを選ぶようにしましょう。

使い勝手

スタッフが顧客と対面しながらPOSレジを操作します。そのため誰でも使いやすいインターフェイスを備えたPOSレジがベストです。最近ではタッチパネル採用のPOSレジも出ており、多くの機種を見た上で判断するのが良いでしょう。

初期費用・運用費用

POSレジの価格はベンダーや種類によって大きく変わります。初期費用はPC型だと数十万程度、ターミナル型だと100万以上する場合も。しかしながら、初期費用が高いターミナル型はランニングコストがかからないのが特徴です。運用コストと初期費用を両方を考えた上で自社にピッタリのPOSレジを選択しましょう。

POS分析の種類

●ABC分析

「あまり売れていない商品」・「よく売れている商品」・「どちらでもない商品」の3つのランクに分けて分析する手法です。売筋・死に筋商品が明確になり発注量を適確に合わせることができます。

●RFM分析

各顧客が商品を「いつ」・「どのくらいの金額で」・「どのくらいの頻度で」購入しているのかを割り出し、優良顧客、リピーター、離反顧客を可視化することができる分析手法です。優良顧客にアプローチしやすくなり、売り上げ向上を見込むことができます。

●トレンド分析

商品の販売数を時系列で表し、その商品がどの時期に売れているのかを明確にする手法です。季節ごとに売れる商品やPR・発注の時期を調整することが可能になります。

●バスケット分析

トレンド分析・ABC分析に合わせて「合わせて販売することで売れやすい商品」が分かるようになります。
商品Aと商品Bの売れ行きの関係性を分析するアソシエーション分析の一つでマーケット施策に活かすことができます。

比較一覧9選

POS

ワンレジ

ワンレジ
出所:ワンレジwebサイト

飲食店専用のPOSレジで、経営のノウハウと現役オーナーの声を元に作られました。アルバイトでも使いやすい会計機能を備えており、タイムカードの不正防止や入出金顔認証など、飲食店で起きやすいトラブルを未然に防ぐ機能が沢山搭載されています。

費用問い合わせ
機能会計・注文・セルフオーダー・集計・給与計算・予約管理・不正防止など
※詳しくはサイトをご覧下さい
業態飲食
提供会社名株式会社スカイダイニング
URLhttps://one-regi.com/

スマレジ

スマレジ
出所:スマレジwebサイト

登録店舗は11万を超え、様々な業種で使われているクラウドPOSレジシステムです。既存のiphoneやipad に専用のアプリを入れるだけですぐに使うことができます。130以上の機能があり、お店に合わせて機能を選択することもできます。

費用スタンダード:  0円/月(1店舗のみ)
プレミアム:   4,400円/月(1店舗につき)
プレミアムプラス:7,700円/月(1店舗につき)
フードビジネス: 11,000円/月(1店舗につき)
リテールビジネス:13,200円/月(1店舗につき)
機能会計・管理/分析・拡張機能/システム連携・モバイルオーダー
オフライン対応など
※詳しくはサイトをご覧下さい。
業態free
提供会社名株式会社スマレジ
URLhttps://smaregi.jp/

POS+retail

POS+retail
出所:Pos+retail webサイト

ipadを活用した小売店向けのクラウド型POSレジです。小売店に特化したレジ・売上管理はもちろん、在庫管理や帳票機能など様々な機能を搭載しています。サポート体制も充実しているのがポイントです。

費用小売店向け(pos+retail):     12,000円/月
飲食店向け(pos+food):     12,000円/月
飲食店向け(pos+lite):     6,000円/月
美容・サロン向け(pos+beauty):12,000円/月
※全て税別
機能会計・注文・売上分析・注文機能・予算管理・在庫管理・顧客管理・電子カルテ・予約管理など。
※詳しくはサイトをご覧下さい。
業態小売店・飲食・美容/サロン
提供会社名ポスタス株式会社
URLhttps://www.postas.co.jp/service/postas-retail/

ユビレジ

ユビレジ
出所:ユビレジwebサイト

国外を含め様々な業種で利用されている。他サービスとの連携はもちろん、オーダーエントリーシステムや決済システム、商品マスタが一元化され販売した商品の記録も自動的に共有できる独自のサービスと連携できるところが特徴です。

費用プレミアムプラン: 6,900円/月
飲食店向けオプション: 8,400円/月
ユビレジハンディ: 1,500円/月(1端末)
小売店向けオプション:11,400円/月
ユビレジ在庫管理: 4,500円/月
※全て税別
機能会計・売上管理・分析・顧客管理・オーダリング機能・在庫管理機能・勤怠など
※詳しくはサイトをご覧下さい。
業態飲食・小売店
提供会社名株式会社ユビレジ
URLhttps://ubiregi.jp/product-lp

NECモバイルPOS

NECモバイルPOS
出所:GulfNet webホームページ

ipadアプリに集約することで低価格を実現したクラウド型のPOSレジです。ipadがPOSレジの代わりとなってプリンタやキャッシュドロアなどの周辺機器と連動し、販売管理や売上分析を行えます。

費用モバイルPOS基本セット:255,000円
※機器構成によって価格に変動があります。
※全て税別
機能会計・売上管理・分析・オーダリング機能・マスタ設定・予約システム・ファーストフードオーダなど
※詳しくはサイトをご覧下さい。
業態飲食
提供会社名株式会社 ガルフネット
URLhttps://www.gulfnet.co.jp/mpos/lp/

分析システム

shopping Scan

shopping Scan
出所:TrueData webページ

商品・メーカ・ブランド別の購買動向だけでなく「客層構成比率」や「性年代別購入者分析」など顧客の「購買行動」を軸に多彩な分析を行うことができます。また、分析データを店舗ごとに比較することもできます。

費用問い合わせ
提供会社名株式会社True Data
URLhttps://www.truedata.co.jp/product/shoppingscan/

Yellow fin

Yellow fin
出所:Yellow fin webページ

たった1分で膨大な量のデータ分析を可能にします。webブラウザから操作することができ、難しいコードや言語の習得も必要ありません。チーム単位から会社規模まで安全にデータへアクセスできます。

費用問い合わせ
※無料お試し期間あり
提供会社名Yellow fin Japan 株式会社
URLhttps://yellowfin.co.jp/

Zaimトレンド

Zaimトレンド
出所:Zaimトレンドwebページ

国内における店舗・商品の売れ行きが分析できるマーケティングツールです。他の商品への購買意欲の変化がどのような属性・どんな店舗から発生しているのかという分析をwebで完結できるのが最大の特徴です。自社と他社のマーケット状況を比較することで仮説検証を支援します。

費用問い合わせ
提供会社名株式会社 Zaim
URLhttps://trends.zaim.net/

D-pos analytics

D-pos analytics
出所:D-POS analytics web ページ

食品・日用品・家電に至るまで多様なカテゴリーのPOS分析を保有しています。ドン・キホーテをはじめとした各リテールの店舗別・商品別のPOSデータを利用することができます。集めた膨大なデータは抽出から分析までワンストップで行うことが可能です。

費用問い合わせ
提供会社名株式会社リアリット
URLhttps://d-pos.net/

まとめ

店舗運営・経営を助けてくれるPOSについての知識をつけることができましたか?
種類が豊富な分、それぞれに適したシステムが搭載されているか、導入するに当たっての需要性についてなど、きちんと整理した上で自社に適切なPOSレジや分析システムに出会えたら良いですね。