店舗DX事例

湘南モノレールの特設サイト内に乗降者数計測システムを提供開始

店舗DXニュース3タイトル画像

2021年12月1日(水)より湘南モノレール株式会社が提供する特設サイト内に、駅の乗降客数の計測および混雑状況を閲覧できるようになりました。
Locarise株式会社が開発した「Locarise TRAFFIC」が導入され、通勤通学や観光での混雑回避のための情報提供が実現されました。

列車混雑状況特設サイトについて

列車混雑状況特設サイト QRコード

https://travel.navitime.com/ja/area/jp/feature/shonan-monorail/

国土交通省事業の一環である「人流データを活用した地域課題解決モデル事業」により湘南モノレールが実施している取り組みです。
特設サイトは2022年2月末まで公開予定です。
利用されたユーザーの意見や感想をもとにその後の運用を検証していく方針です。

Locarise TRAFFICについて

Locarise TRAFFIC 導入イメージ

Locarise TRAFFICは、世界最高水準かつ高精度の3Dセンサーを設置し、正確でリアルタイムな店舗・施設等の利用状況の測定を行います。
世界でも厳しい基準であるEUにおける個人データ保護に関する法律GDPRにも適合し、欧州の公共施設などでも導入実績があります。

混雑情報の提供について

通勤・通学で公共交通機関を利用するユーザーにとって、混雑を避けるために得る情報は、リアルタイムであればあるほど便利で有益な情報です。
湘南モノレールの特設サイト内では15分ごとに情報が更新されます。

出典元: PR TIMES

ABOUT ME
NamiShibuya
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチーム。広告代理店や事業会社でSEOコンサルティングやシステム運用保守などを経験。最近はオウンドメディアの立ち上げがメイン。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度