店舗DX事例

自社ECを運営する事業者250社「今年2022年はEC売上が伸びる」と6割が予測

店舗DXニュース5タイトル画像

株式会社フューチャーショップは、自社サービスを利用する事業者250社を対象とした「EC活用の実態とアフターコロナの展望についてのアンケート」を行いました。
その結果、「2022年は2021年よりEC売上が伸びる」と6割を超える事業者が回答しました。

「2022年はEC売上が伸びる」と6割が予測

「EC活用の実態とアフターコロナの展望についてのアンケート」調査

調査期間2021年12月1日(水)
調査手法インターネット調査
調査対象futureshopシリーズをご利用中の事業者
回答数250社

1.コロナ禍でのEC売上

1.コロナ禍でのEC売上

2.2022年のEC売上予測

2.2022年のEC売上予測

3.現在、自社ECで注力している施策

3.現在、自社ECで注力している施策

4.ECモールの出店状況について

4.ECモールの出店状況について

5.今後もEC事業に注力するか

5.今後もEC事業に注力するか

6.実店舗運営の今後の展望

6.実店舗運営の今後の展望

出典元: PR TIMES

ABOUT ME
NamiShibuya
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチーム。広告代理店や事業会社でSEOコンサルティングやシステム運用保守などを経験。最近はオウンドメディアの立ち上げがメイン。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度