店舗DX事例

山口市でDX化調査。デジタル決済に抵抗のあった店舗の78%が満足していると回答

店舗DXニュース1タイトル画像

株式会社pringは、送金アプリ「pring(プリン)」内で発行する「地域通貨・デジタル商品券」の利用加盟店を対象に、実際にデジタル商品券を利用した満足度についてアンケート調査を実施しました。
「デジタル決済は抵抗がある」と回答した店舗の78%がデジタル決済を実際に利用して「満足した」と回答しました。

「加盟店のQRコード決済の満足度」調査

有効回答店舗数138店舗
調査対象令和3年度「エール!やまぐちプレミアム共通商品券」のデジタル商品券参加加盟店
調査日2021年11月5日~2021年11月19日
調査方法インターネット調査
調査目的加盟店のQRコード決済の満足度を調査

1.デジタル決済を使ってみた満足度を教えてください

※デジタル決済に抵抗があったと回答した店舗のみ回答

デジタル決済導入前

  • 導入手続きが面倒そう
  • 専用の機械が必要になりそう
  • 初期コストが高そう

デジタル決済導入後

  • 店頭に紙の静的QRコードを置くだけで利用できる
  • 初期費用が無料

このように意見が変わり、QRコード決済の満足度が高いことが分かりました。

2.デジタル商品券の良かった点を教えてください

店舗で負担となっていた換金作業が、商品券のデジタル化により負担の軽減に繋がったようです。
デジタル決済やデジタル商品券は、簡単なオペレーションで運用できることが広く普及するために重要な要素であると推測されます。

送金アプリ「pring(プリン)」のデジタル商品券・地域通貨について

送金アプリ「pring(プリン)」上でデジタル地域商品券、地域通貨の発行ができます。
完全デジタル化で自治体・店舗のオペレーション負担が少ないサービスとなっています。
https://www.pring.jp/memberscard/

送金アプリ「pring(プリン)」 イメージ

出典元:PR TIMES

ABOUT ME
NamiShibuya
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチーム。広告代理店や事業会社でSEOコンサルティングやシステム運用保守などを経験。最近はオウンドメディアの立ち上げがメイン。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度