店舗DX事例

JR西日本 うめきた(大阪)駅がさらに進化!イノベーションの実験場「JR WEST LABO」始動

店舗DXニュースタイトル画像

JR西日本では「うめきた(大阪)地下駅」を建設中で、2023年春の開業まで1年程度となりました。
地下駅の直上では、「みどり」と「イノベーション」の融合拠点となる「うめきた2期エリア」の玄関口として新駅ビルが誕生予定。地上と地下をあわせた「うめきた(大阪)駅」は、地区全体の更なる価値向上に寄与します。

これまで「JR西日本技術ビジョン」の具体化に挑戦する駅と位置づけ、様々な実証実験を行ってまいりましたが、このたび、「うめきた(大阪)駅」をイノベーションの実験場「JR WEST LABO」の中心と位置づけ、様々なパートナーと共創することでオープンイノベーションを加速させていきます。
「JR WEST LABO」での共創により、新たな価値創造を推進するとともに、経営課題や社会課題を解決する最先端の技術を社会に発信し続け、脱炭素社会の実現、SDGsの達成に貢献してまいります。

「JR WEST LABO」とは

目指す姿

  • デジタル×リアルが生み出す新たな価値の提供
  • 人と技術が融合し、誰もが参画し活躍できるフィールド整備
  • お客様と共に進める環境負荷軽減の取組み推進

「JR WEST LABO」で創出する新しい体験のひとつひとつが連続的に一連のサービスとして実感いただける、他にはない近未来の空間を、まずはうめきた(大阪)駅で実現します

※掲載画像はイメージです
※掲載画像はイメージです

「JR WEST LABO」における共創

「JR WEST LABO」では、目指す姿の実現に向けて「イノベーションの実験場」として様々なパートナーとの共創により、新たな価値創造にチャレンジします。
「JR WEST LABO」のフィールドにおいて当社グループのアセットを活用した実証実験を希望するパートナーを募集します。

  • 「駅コンコースや駅周辺施設を活用した新たな体験の実証実験」など、実験フィールドとしての活用
  • JR WEST LABOの目指す姿の実現に寄与する実証実験
    • デジタル技術を活用し、移動拠点の駅に「集う」「交流する」場としての価値を創出
    • 誰もが働く時間や場所にとらわれない多様な就業機会の創出
    • お客様に環境負荷軽減につながる行動を促すサービスの創出 等

※この取組みの一部を、大阪・関西万博の参加型プログラムである「TEAM EXPO 2025」プログラムへ申請します。

「うめきた(大阪)駅」の概要

「JR WEST LABO」の中心地となる「うめきた(大阪)駅」は、以下の通り計画を進めています。

地下部分

地下部分では、「JR西日本技術ビジョン」の具体化に挑戦する未来駅として、「『あなた』が笑顔になる駅」をコンセプトに様々な技術やサービスを新たに導入します。詳しい内容は、改めてお知らせします。

  • デジタル技術を活用したインタラクティブな空間
  • One to Oneのデジタル案内
  • フルスクリーンホームドア など

開業時期:2023年春

コンコース階
コンコース階
ホーム階
ホーム階

地上部分

地下駅直上部では、大阪駅周辺のターミナル機能を向上させる駅前広場を整備します。
また、駅前広場の隣接部には、うめきた2期のまちづくり方針として掲げる『「みどり」と「イノベーション」の融合拠点』と一体となった、みどり豊かな新駅ビルが誕生します。
併せて、JR大阪駅方面とうめきた2期地区を連絡デッキで結ぶことで、うめきた2期エリアの玄関口として、回遊性の向上や賑わいの創出に貢献してまいります。

計画概要

規模敷地面積:約12,500㎡
ビル:地上3階(うち店舗面積 約3,750㎡)
駅前広場主要用途観光バス・タクシー乗降場等
ビル主要用途歩行者広場、商業施設、連絡デッキなど
開業時期2024年夏頃 一部供用開始(駅前広場・連絡デッキ等)
2025年春頃 全面開業(商業施設含む)
建物設置者JR西日本不動産開発株式会社
商業施設運営者JR西日本大阪開発株式会社
外観イメージ(大阪ステーションシティ ノースゲートビル側より)
外観イメージ
(大阪ステーションシティ ノースゲートビル側より)

※関係者協議により、今後変更となる可能性があります。

今回のご案内の取り組みは、SDGsの17のゴールのうち、特に2番、3番、7番、8番、9番、11番、12番、13番、17番に貢献するものと考えています。

SDGsに貢献
SDGsに貢献

出典元:PR TIMES