最新ニュース

イケア、IKEA Tokyo-Bay倉庫を自動化!従来の作業効率8倍へ

IKEATokyo-Bay倉庫

イケア・ジャパン株式会社は、IKEA Tokyo-Bayの倉庫を国内のイケア店舗で初めてオートメーション化を2022年11月24日(木)より開始しました。

イケア、IKEA Tokyo-Bay倉庫を自動化

オムニチャネル化を加速

日本では、お客さまとのタッチポイントを増やしています。

  • 9つのイケアストア(大型店舗)
  • 3つの都心型店舗
  • カスタマーサポートセンターの展開
  • ECサイト(IKEAオンラインストア)の開業
  • IKEAアプリの配信
  • 国内各地で商品受取りセンターを拡大
  • IKEAポップアップストアを開設

イケアは、変化する購買行動のニーズに対応するため、それぞれのタッチポイントを繋ぎ、総合的にアプローチするオムニチャネル化を加速する施策に注力しています。

自動倉庫を導入

オムニチャネル化において重要である、ロジスティクス業務の効率化を目指した取り組みを進めています。
効率化の一環として、IKEA Tokyo-Bay倉庫内に自動倉庫型ピッキングシステム(AutoStore)を導入し、2022年11月24日(木)より稼働を開始しました。

これまで関東圏の4つのイケアストアで担っていた小物配送のピックアップ業務をIKEA Tokyo-Bayに集約し、発送を行います。
AutoStoreの導入でピッキングロボットが高密度保管自動倉庫から商品を自動でピックアップすることが可能になります。これにより、コワーカー(従業員)が店内を歩き回る従来の方法と比べ、約8倍の作業効率で発送が完了します。

IKEA Tokyo-Bay倉庫内に自動倉庫型ピッキングシステム(AutoStore)を導入

コワーカーが働きやすい環境へ

イケアでは、コワーカーが働きやすい環境を重視しており、今回のAutoStore導入によって、よりやさしい働く環境を実現します。

  • ロボットが商品を運ぶことで、従来のピックアップ作業がなくなる
  • エルゴノミクス(人間工学)を取り入れたポートは、身体への負荷を軽減
コワーカーが働きやすい環境へ

出典元:PR TIMES