最新ニュース

三越伊勢丹、XRを活用した新たな広告事業「GINZA XR Media」をリリース

GINZA XR Media
  • 株式会社三越伊勢丹
  • 株式会社スタジオアルタ
  • 株式会社フロンテッジ
  • SoVeC株式会社

4社は協業の元、三越銀座店にてXRを活用した新たな広告事業「GINZA XR Media」をリリースし、2022年12月1日より「GINZA MITSUKOSHI XR CHRISTMAS 2022」を開始しました。

GINZA MITSUKOSHI XR CHRISTMAS 2022

取り組みの背景

三越伊勢丹グループは、「高感度上質消費の拡大・席巻」、「最高の顧客体験の提供」を中期経営戦略の基本戦略として掲げています。
また、これまでの百貨店事業モデルからの変革を目指し、グループリソースを活かしたBtoB外販に取り組んでいます。

今回三越銀座店は、世界有数の街である銀座4丁目という立地を生かし、その資産である本館の銀座シャンデリアにおいて、グループのインハウスエージェンシーであるスタジオアルタとソニーグループの広告会社であるフロンテッジと協業し、同じくソニーグループのデジタルソリューション提供会社であるSoVeCが開発したXRを活用した新たな広告メディアを開発しました。
高感度上質な価値・最高の顧客体験の提供と合わせて、人と企業のコミュニケーションを促進し、各クライアント企業様の価値向上につなげていくとのこと。

協業のスキーム(各社の役割)

三越銀座店

  • 本館の銀座シャンデリアにおいて、XRを活用した新たな広告事業を展開
  • 自社の店舗・企業キャンペーンの新規拠点としても活用

フロンテッジ

  • ソニーグループの広告会社
  • ネットワークやアセットを活用した新たなメディアをプロデュース
  • XRを活用した広告事業をプロデュース

スタジオアルタ

  • 三越伊勢丹グループのインハウスエージェンシー
  • 銀座シャンデリアにおいて、XRを活用した広告事業をプロデュース

SoVeC

  • ソニーグループで先端技術を活用したデジタルコミュニケーション領域におけるソリューション提供
  • 次世代ARアプリ「XR CHANNEL」を通じて最先端のXR体験ができるデジタルコンテンツを開発

次世代ARアプリ「XR CHANNEL」を活用した最先端のXR体験とは

次世代ARアプリ「XR CHANNEL」は、SoVeCとKDDI株式会社が共同開発しました。

街の建物などの3次元情報をスマートフォンのカメラ機能で認識できるVisual Positioning Service(以下、VPS)とAR技術を組み合わせることで、日常の空間にARコンテンツの表示が可能になります。
このアプリを通じて、街の風景とARコンテンツが空間上で作用し合うような新しい体験が楽しめます。

今回、三越銀座店の壁面・周辺の空間に正確にARを表示するため、ソニーグループ株式会社のVPS技術を採用しています。

GINZA MITSUKOSHI XR CHRISTMAS 2022の概要

会期2022年12月1日(木)~25日(日)
会場三越銀座店 本館 銀座シャンデリア
体験方法スマートフォンに専用アプリ「XR CHANNEL」をダウンロード
銀座4丁目外壁 銀座シャンデリアをかざしてみると・・・

アプリダウンロード

アプリ推奨機種

  • iPhone:iOS 14.0以降、2017年11月以降に発売の機種(iPhoneX以降、iPhoneSEは第2世代以降)
  • Android:Android 10.0以降、ARCore対応機種(必須)
  • メモリ3GB以上の端末でのご利用を推奨
  • コンテンツごとにデータのダウンロードが必要
  • Wi-Fi環境での実施を推奨

ARCore対応機種はこちら
https://developers.google.com/ar/devices

出典元:PR TIMES