店舗経営戦略

販売力を促進させよう

販売力を促進させよう

本記事はチリのFollowUPサイトのブログを元に日本の方向けに翻訳したものです。

本サイトはこちら:https://www.followupcx.com/es/2021/07/21/potenciar-tu-fuerza-de-venta/ 

コロナ禍で人の流れが悪くなる状況を見て、我々は販売チームを自分たち独自のそして地域に根付いた指標で強化する機会を察知しました。買い物施設への顧客流入が少なくなるダウンタイムが発生することによって、店舗経営者はスタッフのトレーニングを行い、日次・週次結果から常にパフォーマンスを分析することができます。

「セールスフォース」と呼ばれる販売チームとは、特にリテール業界において、どんな企業にとっても最も価値のある資産のひとつです。基本的にセールスフォースは消費者との直接的なつながりになり、企業が伝えたいことを顧客に発信する力を持っています。

この理由から会社側は、販売員達に仕事をこなすために必要なツールを提供する責任を持ちます。また、必要なサポートがあればセールスフォースが顧客ニーズに答えることも容易になります。

過去と比べ、消費者の要求はより高くなっています。品質の高い商品が提供されることは当たり前と思われ、更に顧客は購入する商品についての情報も求めるようになってきています。

この変化に伴い、顧客がブランドを必要と感じるために求める情報を伝える役割を担う販売員を、企業が常にトレーニングをすることがとても重要です。

多くの企業は顧客の購買プロセスを助けるために必要となる知識と経験などのツールを販売員に渡し、提供しています。

販売力トレーニングをする利点

  • トレーニングの場で販売員と企業全体のコミュニケーションが常に取れます。このことにより、販売員と企業の意思疎通が容易になり、方向性やビジョンの共有を頻繁に行うことができます。
  • チーム全体の指標を週次で分析し、必要な対策をとることで、店舗売り上げが向上します。
  • スタッフが理解できるレポートで店舗管理指標を会社側が日次/週次で監視することができます。共通の指標を持つことで、前提のずれが生じずにコミュニケーションが取れやすくなります。
  • 販売員各自の強みと弱みを認識し、弱みを改善することに尽力できます。

管理指標のトレーニングと監視はセールスフォースの良質なパフォーマンスを可能にする戦略を管理、実行するために必要な知識を与えることになります。

ABOUT ME
RioOsumi
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチームインターン。 イギリスで小学生時代を過ごした経験から海外事情に精通しており翻訳やマーケで活躍中。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度