働き方

優秀な店長の3つの仕事内容と求められるスキル

優秀な店長のスキル

Originally posted on 2021年6月21日 @ 4:20 AM

店長を目指す人や店長候補としてすでに視界に入っている人はたくさんいます。優秀な店長になるためには仕事の内容を理解して、3つのスキルを身につける必要があります。本記事では、店長の仕事は何で、どんなスキルが必要なのか具体的に紹介します。

店長の3つの仕事内容とは

「スタッフの教育」

店長の仕事はまず、お店のスタッフを教育することです。アルバイトやパート、店長に準ずる人材の育成を目指して、基本的なことから店舗運営に必要なスキルまで身に付けさせます。スタッフの初期教育はしっかりと行い、最低でも店長がいないときに店をある程度任せられるスタッフを育てるのです。足りない人手はアルバイトやパートを雇い、業務上必要な教育を施して、利用客が増えても店が回るようにします。

新人が入るときは、店内のスタッフ全体に伝達し、最初は基礎的なルールを守れるように教えることが一般的です。通常はアルバイトやパートに対して先輩についてOJT方式で学ばせます。

例えば、

  • 髪や爪の色
  • 手洗いの仕方
  • マナーの遵守

などです。その後、具体的なスタッフの業務として、

  • 品出し・商品補充
  • 発注
  • 清掃
  • 接客方法
  • 問い合わせ対応

などを教育します。

また、スタッフの教育に関連したマニュアル作りや評価制度の作成も店長が担う仕事のうちです

「商品管理・在庫管理」

商品販売をする店舗の店長は、商品管理や在庫管理が仕事です。数量や在庫に不足がないかを確認し、スタッフに指示を出して追加や在庫の処分などを行います。実際の作業はスタッフに任せて店長は全体把握をするだけの場合もあります。しかし、最終的な確認作業は店長が責任を持って行うため、数量や在庫状況を把握する監督的な役割があるのです。

特に商品や在庫の管理は、売上や利益にかかわる重要なものです。在庫が不足すれば品薄の店舗となりかねません。売上データから必要な商品の発注や在庫把握が求められます。さらに、年末の棚卸し作業を見越して、いかに適切な管理ができているかが問われます。

近頃は、在庫管理システムの導入によってリアルタイムにチェックできるデジタルな環境を整備する店舗も増えてきています。通販店舗では、倉庫管理サービスに丸投げするケースなど、店長がすべき在庫管理の範囲は店舗ごとに異なります。

「売上管理」

店長の仕事でほぼ共通するのが売上の管理です。店舗規模の大小にかかわらず最低限、売上の赤字・黒字を確認します。実際のデータで何が売れているのか、売れ筋のチェックも行います。

売上がいまいち伸び悩むときは、

  • キャンペーン
  • 特価・安売り
  • チラシ・広告

などサービスを展開して売上を伸ばす判断が必要なポジションといえます。

優秀な店長に求められるスキル

現場を円滑に回すコミュニケーション力

優秀な店長は高いコミュニケーション力を有しています。店長は基本的にスタッフに対して指示を出し、店舗運営を円滑に行うことが求められます。その際に現場を円滑に回すコミュニケーション力が高い店長が指示を出すことで、スタッフは業務を効率的に行えるのです。

コミュニケーション力のスキルは指示のわかりやすさだけでなく、普段の会話からの信頼関係の構築などにも役立ちます。逆にコミュニケーションが不十分な場合には、失敗や信頼関係の不足などにより現場の業務が滞ることもあるほどなので非常に重要です。

スタッフを教育するマネジメント力

店長のスキルの中には、スタッフを教育するマネジメント力が問われることがあります。例えば、

  • 「新人がすぐに辞めてしまう」
  • 「何度言っても同じミスを繰り返す」
  • 「マニュアル通りにしか対処ができない」

などの悩みを抱える店長は、スタッフを教育するマネジメント力が不足しているのです。適切な人材に対し、頭(学習)と体(経験・体験)を区別して教育・指導できることが必要となります。

柔軟な対応は頭よりも体で覚えて、十分な業務経験が必要と店長が十分に理解しておく必要があります。いきなり100%の対応をスタッフに求めると、それに耐えられず人材が辞めてしまうのです。人手が足りないからただ人員を補充するのもNG。必要な教育と今後身につけていくべき経験を見極め、教育内容をコントロールするだけのマネジメント力は優秀な店長が磨くスキルです。

強いチームを作るためのリーダーシップ力

最近はチームワークを活かした仕事が全国の店舗で増えており、店長はその中心的な役割を担うことでスタッフが働きやすい環境を作ります。そのとき、店長に求められるのがチームを引っ張り、目標の筋道を示すリーダーシップ力です。マネジメントをする力を有している店長は優秀ですが、自尊心が高く店舗運営の目的が個の利益のみに執着している店長はリーダーシップ力に欠けます。

スタッフを率いて全体を見渡せるリーダーシップが高い店長は目先の利益だけにとらわれず、優れた人材に裏打ちされた強いチームを作ることができるのです。特にアルバイトやパートのスタッフを大量採用して店長が店舗運営を進めるワンマンチーンの場合には、リーダーシップ力で彼らを率いてクオリティの高いサービスを実現するのです。

まとめ

店長の仕事は店舗の管理や運営を始めとした業務全般を担う役職です。店長には優秀な管理者として3つのスキルが必要とされます。それは商品や在庫、売上の管理をしながら、スタッフに教育を施すコミュニケーション力やリーダーシップ力、マネジメント力です。教育不足ではクオリティが落ち、リーダーシップがなければスタッフはついてきません。このように店長は店舗の業績に直結する大事な仕事をする役割があるのです。

ABOUT ME
NamiShibuya
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチーム。広告代理店や事業会社でSEOコンサルティングやシステム運用保守などを経験。最近はオウンドメディアの立ち上げがメイン。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度