店舗DX事例

もう一回行きたい!顧客に再来店させている事例紹介!

顧客の再来店の事例

再来店とは?

「再来店」とは、再び店舗に足を運んでもらうことを意味しますが、もう一度同じお店を訪れるかの判断は店舗ではなく、顧客側の意志です。つまり、再来店する理由もあれば、再来店しない理由もあります。

まずは顧客側の行動の理由を把握することが、顧客の再来店促進のための一歩目になります。

「再来店」定義

言葉の意味は、再び店舗に来店してもらうことです。

一度の来店だけで終わるのではなく、二度目、三度目と来店してもらうことで、店舗は売り上げアップが見込めます。また、何度も再来店してくれるということは、商品・サービスの質はもちろんですが、お客様が店舗を信頼してくれていることを意味しますので、新しいサービスや商品について興味を示してもらいやすくなります。

お客様が再来店する理由

お客様が再来店する理由はいくつかありますが、広い意味で「満足した」からです。

商品・サービスの質、値段、接客等、お店に足を運んで楽しい時間を過ごした経験や、満足できたからこそ、もう一度という気持ちになります。

例えば飲食店であれば美味しい、安い、雰囲気が良かった、店員さんによい対応をしてもらったなど、お客様が満足を感じるポイントはさまざまあります。アパレル店であれば、安い、店員さんのアドバイスが適切、自身の価値観・ファッションに合致しているんどが挙げられます。

このように、様々な理由で満足することで、再度お客様が利用する機会に、「前行って良かったからもう一度」となります。

一度自身で満足しているという経験は、口コミなどの情報よりも断然説得力がありますので、再来店につながるのです。

お客様が再来店しない理由

再来店する理由が「満足」であるならば、再来店しない理由はその反対ということになります。つまり、お客様が「満足できなかったから」です。

飲食店でしたら値段が高い、味が合わない、お店の雰囲気がイマイチといった理由が考えられますし、アパレル店であれば高い、デザインセンスが合わない、店員の対応が悪いといった点が考えられます。

いずれにせよ、足を運んで満足できなかった店舗に、再度足を運んでくれるお客様はいません。

再来店を販促する企画事例

店舗にとっては多くのお客様に再来店をしてもらいたいものです。

そこで、再来店を促すための企画がいくつか紹介します。これらを上手く活用することで、お客様の再来店への意欲を高めてもらいましょう。

会員制度

会員制度は比較的身近な制度です。

会員となることで貯まったポイントで買い物ができる制度や、会員限定の割引クーポンを準備したり、会員向けの情報を発信するなどの施策が打てます。

様々な特典を多く用意することで、「会員になるとお得」だと思ってもらうことが大切です。

会員制度のメリットとして、会員になられたお客様に対して、情報発信が簡単にできることです。メール、あるいは葉書などで直接的なアプローチが可能になりますので、再来店の促進も可能です。

特に「会員限定」「会員特典」といった文言は、会員のお客様に対しての消費意欲を刺激します。なぜなら、会員となったお客様は「せっかく会員になっているから」「他の人よりもお得なら」ということで、再来店の機運が高まります。

アプリ

既に多くの人々がスマートフォンを持っている時代です。

スマートフォンのアプリを運用することでも再来店の促進が可能です。

アプリの利点は、相手に新着情報の通知を届けられる点が挙げられます。通知が届くとスマートフォンの画面に表示されるので、訴求効果も高いです。

アプリを提示することで割引が効いたり、あるいは限定の商品の購入が可能になったりなど、こちらも会員同様、「アプリ利用者だけの特典」を用意することで、お客様の消費意欲を刺激します。

また、アプリを広告ツールとして活用するのもひとつの方法です。お得な情報、イベント情報等を積極的に配信することで再来店の機運を高めます。

SNS

SNSを運用することで、アプリ同様、情報発信をすることによる再来店促進が可能です。しかしアプリと異なり、SNSは決して一方通行ではなく、お客様とのコミュニケーションや交流が可能です。

例えばイベントの告知をした際、その告知の投稿を見たお客様から質問をSNSで頂戴することもできます。その際のやり取りがお客様との信頼関係構築につながり、お客様の再来店の可能性を高めます。

SNSに関しては再来店はもちろんですが新規顧客の獲得にも繋がりますので、店舗運営においてSNSは貴重なツールです。

まとめ

再来店はいわばお客様からの「前回来店時の高評価」を意味します。

宣伝・訴求にどれだけ力を入れたとしても、お客様が一度来店してもらった際に満足してもらわなければ、再来店、つまり「二度目」はありませんので、その後の利用が見込めません。

そのため、店舗にとっては如何に再来店のお客を増やすかが大切です。商品・サービスといった質はもちろんですが、SNSやアプリを活用することで、再来店意欲を刺激することが可能なので、これらを活用し、お客様に再来店してもらえるような施策を考えてみましょう。

ABOUT ME
RioOsumi
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチームインターン。 イギリスで小学生時代を過ごした経験から海外事情に精通しており翻訳やマーケで活躍中。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度