店舗オペレーション

店舗の在庫はこう考えよう!在庫を管理する簡単な4つのステップ

在庫管理を簡単にする4つのステップ

「在庫」とは

「在庫」の定義

在庫とは、企業が原材料や部品、完成途中な半製品、商品などを倉庫に一時保有して置いているものの総称です。在庫は「遊休資源」ともいわれ、将来現金化される資産のことをいいます。在庫がもつ機能としては、顧客の需要に応じて素早く供給できることなどが挙げられます

在庫管理について

在庫管理をする目的

確実な利益の確保

在庫管理によって、適正な在庫を維持することは、顧客の要求に素早く対応するために必要不可欠となります。顧客の要求に応えて、きちんと商品を供給し販売できれば、店舗の利益となります。しかし、在庫管理ができておらず、販売機会を失えば、損失となってしまいます。一方で、在庫を急遽増やそうとしても、商品の仕入れまでに時間がかかってしまうため、顧客の要求に素早く対応することは不可能となってしまいます。

つまり、在庫管理をしっかり行なっていれば、販売機会を逃すことなく、顧客の要求に素早く答えることでき、確実な利益を確保することが可能となるのです。

コストの軽減

常に適正な在庫を保つことは、コストの軽減につながります。コストが増える原因となる「余剰在庫」と「在庫不足」の2つについて解説します。

・商品の仕入れ量が多く、「余剰在庫」となった場合

余剰在庫が多いほど、倉庫内のスペースを圧迫してしまいます。また、大量に仕入れたものの売れなければ、仕入れ費用だけがかかってしまうことになるので、損失となってしまう可能性があります。さらに、余剰在庫が多ければ、在庫管理工数がより多くなり、在庫点検時に手間がかかってしまいます。

・商品の仕入れ量が少なく、「在庫不足」となった場合

仕入れ量を少なくした場合は、在庫不足が起こりえます。在庫不足が頻繁に起き、顧客の要求のたびに仕入れを行っていると、一気に在庫を発注するよりも輸送にかかる費用が多くなってしまいます。

キャッシュフローが良くなる

キャッシュフローが良いほど、ゆとりのある経営ができるようになります。在庫は将来現金化される資産です。しかし、在庫は長期保管すればするほど、コストがかかるだけでなく、在庫の価値は低くなります。在庫があっても現金化できなければ、黒字倒産してしまうおそれもあります。

在庫管理をしっかり行い、在庫を現金に変換することで、キャッシュフローは良くすることが大切です。

在庫管理の重要ステップ

step

現状把握

在庫の現状把握を行うことで、販売戦略や今後の需要を予測することで、読みと現実の誤差が発生しにくくなるといったメリットがあります。

現状把握をしたいときは、在庫の数量を把握することがとても重要です。在庫の数量把握には、商品の「種類」、「個数」、「保管場所」、「保管状態」など詳細に把握する必要があります。商品の流入や流出、残りの在庫はいくらあるのかを記録することが特に重要です。

手作業で個数を把握することはミスが起きやすくなります。ミスを予防するためには、QRコードやバーコードを読み取る方法が有効です。また、ICタグをRFIDで読み取ると、段ボールに入った商品を一括で読みとれるため、効率が上がります。

適正在庫を導く

適正在庫を導くことで、安定した利益を確保できるようになります。適正在庫を導くためには、過去の販売実績から記録を集計・分析を行い、需要を予測して、適正在庫を決める必要があります。そして1度設定した適正在庫でしばらく運用した結果に基づいてその後のやり方を考えます。在庫に過不足がなければ問題はありませんが、在庫不足や過剰在庫があるのであれば、適正在庫を再度設定する必要があります。

また、商品の売り上げは変動するので、定期的に適正在庫を設定する必要があります。

数字の管理

長期にわたる販売実績から需要数を予測することで、数値に基づく合理的な仕入れを行うことができます。適正な在庫数を求める計算式は以下になります。

適正在庫数=一定期間の需要数+安全在庫数

例えば1日に平均15着のジーンズが売れる店舗と仮定して、安全在庫を35着であれば1ヶ月の適正在庫は、15×30+35=485着となります。

仮に適正在庫が、1日15着であるにも関わらず、20着と見積もってしまうと、余剰在庫が常態化してしまいます。その結果、余剰在庫は日を増すごとに多くなり、経営が悪化する可能性があります。適正在庫を導き、常に在庫を現金化できるようコントロールする必要があります。

在庫維持

適正な在庫維持には、定量発注方式と定期発注方式の2つの方式があります。

定量発注方式

定量発注方式とは、発注のタイミングとなる在庫総量を設定して、その在庫総量を下回った場合に発注行う方式です。需要が常に一定している商品に適用される方式です。

定期発注方式

定期発注方式は、毎月決まった日に定期的に発注する方式です。発注量は発注するたびに行う必要があり、需要をしっかり予測する必要があります。

まとめ

今回は在庫の概要と在庫管理に必要な4つのステップを紹介しました。経営する支店や店舗ごとに適正在庫を求める必要があります。適正在庫を求め、経営を行うことができれば、無駄なコストを抑え、利益へとつなげることが可能です。

最後までご覧くださりありがとうございました。本メディアは店舗DXに関する記事を掲載しています。興味がある記事があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
RioOsumi
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチームインターン。 イギリスで小学生時代を過ごした経験から海外事情に精通しており翻訳やマーケで活躍中。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度