店舗DX事例

With/Afterコロナにおける新しい出会いを!良縁ナビで「食レポイベント」実証実験開始

店舗DXニュースタイトル画像

株式会社Aillは福利厚生サービス AI縁結びナビゲーションアプリ「Aill goen(エール ゴエン)」を提供しています。
この度、JR西日本グループの株式会社JR西日本イノベーションズ、株式会社ジェイアール西日本ホテル開発が展開するJR西日本ホテルズ、JR西日本SC開発株式会社が運営するルクア大阪と連携し、AIによるデート提案「食事レポートイベント(以下、食レポイベント)」を通じて、コロナ禍における新しい出会いの創出の実証実験を3月9日(水)より開始します

この実証実験は、恋愛相手を求める二者のデートにふさわしいタイミングで、弊社独自開発のAIが「食レポイベント」の提案を行います。
「食レポイベント」によって、デートに行くきっかけや、お互いを知るきっかけを創り、デート成功確率向上を目指します。

対象レストラン 一例
対象レストラン 一例

「食レポイベント」実証実験の内容

With/Afterコロナにおける新たな人と人が出会う場の創出を目指します。

「食レポイベント」実施場所

  • ホテルグランヴィア京都の対象レストラン
  • ホテルグランヴィア大阪の対象レストラン
  • JR大阪駅直結の駅型商業施設「ルクア大阪」館内の対象レストラン

※本イベントは各自治体・施設等の新型コロナウイルス感染症拡大防止策およびガイドライン等を遵守の上、実施いたします。

「食レポイベント」概要

  1. AIがチャットにて「お互いを知る」会話のアシストを行う
  2. デートに行きそうな2人に、AIが「食レポイベント」を提案
  3. 「食レポイベント」提携レストランからお店を決定し、予約
  4. レストランに来店
  5. 2人で食レポを執筆・Aill goenアプリに投稿
  6. 食レポ投稿の御礼として、お得なクーポン券を贈呈
カグラとサカキ
カグラとサカキ

「食レポイベント」本実証実験実施の背景

仕事に追われている、恋愛に能動的になれないなど様々な要因で、恋人がいないフリーの方の増加が目立っています。
さらに、コロナ禍において人と人の距離がおのずと開いたことを受け、多くの人とリアルの場で出会うことが難しくなりました。

そこで、いわゆる「婚活アプリ」などバーチャル環境での出会いは、出会いに安心安全性を求める声が大きくなっています。「まず、会ってみる」から「相手を知ってから会う」に出会いの量から質に行動が変容しました。

Aill goenは、独自開発のコミュニケーションアシストAIによって、「相手を知ってから会う」機会を増やし、「食レポイベント」によってデートの理由の創出、食レポを2人で一緒に執筆することでリアルでも自然にお互いを知るきっかけを創出いたします。
「食レポイベント」本実証実験でデートにおける成功率・リピート率の向上を目指します。

Aill goenについて

社員のワークライフシナジーを加速するライフサポート事業として、信頼できる企業専用の良縁と、AIでコミュニケーションをアシストする世界唯一のサービスです。
社外の人間との出会いからお付き合いまでAIがナビゲーションします。

信頼できる企業の独身専用プラットフォーム

信頼できる企業の独身社員専用プラットフォームにより、今まで難しかった安心・安全な出会いの機会の提供を実現。
仕事への理解や共感が得やすく、互いに応援し合える関係を築きやすいため、仕事へのパフォーマンス向上や成婚後のハレーション低減が見込めます。

男女のすれ違いを緩和しながら恋愛できる3つのAIナビゲーション

3つのAIナビゲーション機能
  • 紹介ナビゲーション
  • 会話ナビゲーション
  • 好感度ナビゲーション

AIナビゲーションが男女のコミュニケーションのすれ違いを緩和します。自分では直接言いづらいことをAIが自然と代弁する機能があり、共通の友達としての役割も担います。
AIは、人と人の仲立ちだけでなく、行動動機付けの役割も担っています。オンライン・リアルのコミュニケーションに寄り添い、利用者の興味、行動、デート後まで一連のフォローを行うことができます。

3つのAIナビゲーション機能
3つのAIナビゲーション機能
AIの役割
AIの役割

出典元:PR TIMES