店舗DX用語解説

初心者でもわかる!POSって何?中身と最新の動向についての解説

POSの詳細について解説

「POS」とは

POSは、コンビニエンスストアなどの小売業だけでなく、ホテルや観光農園、病院や薬局などの医療業界など幅広い業界で利用されています。

今回はPOSの概要や「POSシステム」と「POSレジ」の違い、POSの最新動向を中心にご紹介します。

POSの定義 

POSとは「Point Of Sale」の略称で、「販売時点情報管理」といいます。POSを導入することによって、商品が売れたときの情報を記録・集計することができます。具体的には、売れた商品名や価格、日時、数量などの販売実績に関わる情報に加えて、購入したお客様の年齢層や性別、当日の天気なども記録します。

POSによって記録・集計された情報や数値をもとに経営者は、合理的な経営を行うことが可能となります。そして、サービスや顧客満足度の向上、確実な売り上げの確保へとつなげることができます。

POSシステムとPOSレジの違い

「POSシステム」と「POSレジ」はどちらも同じような名称ですが、明確な違いがあります。

POSシステム

POSシステムとは、店頭に備え付けられているPOSレジだけでなく、販売実績を本部のサーバーへ送ることやデータベースへの蓄積が含まれます。また、本部が各店舗から集められたデータを一元管理することもPOSシステムでできることの一つです。

つまり、各店舗のPOSレジによって得た情報を本部のサーバーへ集計し、それらの情報を経営に活かすために分析するといった流れがPOSシステムとなります。

POSレジ

POSレジとは、POSシステムの一部を担う、アプリケーションを備えたハードウェアといえます。例えば、会計をするときにレジでバーコードを読み取ると、売れた商品名や価格、日時、数量といった情報が店舗のPCに記録されます。

つまり、レジから店舗のPCへ情報を記録できる機能をもったPCが「POSレジ」であるといえます。

ただし、個人で経営しているお店などではPOSを導入していない場合があります。その場合には、情報を収集できる機能がないので、単に「レジ」という言い方になります。

POSの最新動向

POSは現金払いからキャッシュレス決済という決済方法の変化にも適応してきました。また、現在では小売業界にとどまらず、医療業界にまでPOSを活用する範囲が広がっていきました。

POSの変遷

POSシステムは、時代の流れとともに進化しています。例えば、現金払いが主流であった、2017年~2019年にかけて、大手のコンビニエンス会社はPOSシステムを採用しました。POSシステムを採用することで、煩雑な作業が簡単になり、業務を効率化することができ、スタッフの負担を軽減することにつながりました。

現金決済だけでなく、2019年から推進された電子マネーやクレジットカード、QRコード決済などのキャッシュレス決済への対応もおこなわれています。キャッシュレス決済導入当初のPOSシステムでは、精算時にPOSレジとキャッシュレス決済端末側の両方へ、同じ金額を入力する必要がありました。2度も同じ作業をしなければならないことは、スタッフにとっては手間となり、精算時の効率性の低下となっていました。

しかし、POSシステムがキャッシュレス決済に対応することで、2度も金額を入力する必要がなくなり、効率が上がりました。現金決済からキャッシュレス決済への変化は今後ますます進んでいくと考えられるなかで、POSがキャッシュレス決済にも対応している点は魅力だと考えられます。

医療業界でのPOSの活用

現在では医院や薬局、クリニックなどの医療業界にまでPOSが利用されています。医療業界におけるPOSは、レセコンや電子カルテとの連携が可能となることが最大のメリットです。POSとの連携を行うことで、レジへの入力漏れや請求金額の入力ミスがなくなりました。また、患者自身が自分で会計を行うことで、スタッフが精算時に関与しない「セミセルフレジ」にも関心が集まっています。

POSの普及

ドラッグストアやスーパー、コンビニエンスストアなどの小売り業界を中心に会計の自動化にむけて、POSシステムは普及しています。電子タグRFIDを利用した無人レジやセミセルフレジ、セルフレジにおいてPOSは活用されています。精算機に使われる多くのPOSタイプは、PC、タブレット、一体型タイプが活用されているようです。

まとめ

今回はPOSの概要、POSシステムとPOSレジの違い、POSの最新動向を中心に解説しました。POSは情報の収集や集計、分析を効率的に行うことが可能です。また、今後、ますます普及すると考えられるキャッシュレス決済にも対応が可能な点が魅力です。

最後までご覧いただきありがとうございました。本メディアでは店舗DXに関する記事を掲載しております。興味がある記事がありましたら、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
RioOsumi
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチームインターン。 イギリスで小学生時代を過ごした経験から海外事情に精通しており翻訳やマーケで活躍中。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度