店舗オペレーション

管理者なら知っておくべきスタッフ管理方法!目的別に合わせたコツを紹介!

Originally posted on 2021年7月16日 @ 10:38 AM

1.スタッフ管理とは

スタッフ管理に苦労すると、店舗の業績が伸び悩む傾向にあります。裏を返せば、よい業績の店舗はスタッフ管理が行き届いています。

しかし、そもそもスタッフ管理とは何を意味するのか、曖昧な方も多いのではないでしょうか。

「スタッフ管理」の定義

スタッフ管理とは、スタッフに関する管理全般を指すものです。店舗運営にスタッフは欠かせないので、スタッフ管理とは店舗経営の環境構築の一部です。

「管理」という言葉から、スケジューリング面を指すものだと思っている人も多いのですが、スケジュールだけではなく、他にもいくつかの要素から成り立っています。

スタッフ管理の種類

スタッフ管理は大きく下記の3種類に分類できます。

それぞれについて、管理の際に気を付けるポイントも覚えておきましょう。

勤怠管理

スタッフ管理で多くの人がイメージするのが勤怠管理ではないでしょうか。

勤怠管理も大きく分類すると、個別のスタッフの勤怠状況に関する管理と、店舗全体でのスケジューリングで区別することができます。

スタッフ属性が管理する上でのポイントです。正社員とパートタイムワーカー(パート)で働ける時間が異なります。また、パートであっても社会保険加入者なのか、あるいは非加入者なのかで一週間で働ける時間が変わります。

もちろんスタッフの意識もあります。

子どもや夫が帰ってくるまでの間だけ働きたいパートもいる一方で、副業なので夕方から夜の時間帯だけ働きたいスタッフ、あるいは学生アルバイトなので平日は夕方から夜の短時間、土日はみっちり等、スタッフによってそれぞれ仕事へのニーズが変わります。

さまざまなスタッフのニーズを満たしながらシフトを作成することは、スタッフ管理において大切で、シフト面で不満を持たれてしまうと、離職に繋がる可能性もあります。

教育・レベルアップ

スタッフの教育・レベルアップもスタッフ管理の一環です。

スタッフの質を高めることで、店舗経営・運営のクオリティも変わります。しかし、まだまだキャリアが浅いスタッフや、短時間労働ばかりでなかなか経験が積めないスタッフもいると思います。

店舗にとって、スタッフの教育やレベルアップは、店舗の商品・サービスのクオリティと同様にお店の評判に関わる部分になります。

力を入れた方が良いのは言うまでもありませんが、お店の都合だけをスタッフに押し付けるのではなく、スタッフそれぞれの個性を尊重することが大切です。

苦手な分野で無理を強いるのではなく、得意分野を任せるなど、スタッフ自らが仕事へのモチベーションが高まる環境を用意してあげることが管理側のできることです。

採用

スタッフ採用も、スタッフ管理の一環です。

質の良いスタッフを採用することで、教育の負担を最小限に抑えることができます。

しかし、昨今は少子高齢化による労働者人口の不足から、スタッフの採用も難しいものになりつつあります。

そのため、どのようにスタッフを確保・採用するかも重要です。

ここでポイントとなるのは、できる限り具体的な数値でアピールすることです。

「やりがいがあります」「雰囲気の良い職場です」といった抽象的な言葉は、現代の労働者からはかえって「他にアピールするところがない、劣悪な環境なのではないか」と邪推されてしまいます。

定着率、時給などできる限り具体的な数値にてアピールし、より多くの人材に応募を検討するような施策を打ちましょう。

スタッフ管理ツール紹介

ジョブカン勤怠管理

初期費用0円。全機能30日間無料で利用できるスタッフ管理ツールです。

導入社数は5万社を超えるなど実績も抜群の管理ツールの特徴は、環境に合った導入が可能な点です。

機能1つに付き1か月200円、2つで300円など、必要な機能のみを導入できるので、不要な機能にまでお金を支払う必要がありません。

ICカード、指静脈認証、GPS、LINEなど様々な打刻に対応していることから、手作業負担を軽減してくれることでしょう。

HRMOS(ハーモス)タレントマネジメント

株式会社ビズリーチが提供している人材管理のクラウドソフトです。

スタッフの状況管理に優れたツールです。

それぞれのスタッフの目標や評価の提出状況から、移動履歴、さらにはスキル、資格等の一覧化も可能なので、誰にどのような内容の仕事を任せられるのかを把握しやすいです。

まとめ

スタッフ管理は店舗環境の構築のためにとても重要です。

スタッフが店舗の雰囲気を作り上げるものですが、一方でスタッフ管理に悩んでいる店舗も多いのではないでしょうか。

人が集まらない、シフトが組めない、上手く教育できない。

このような悩みは、日々の店舗営業と同時進行ではなかなか解決できないものです。スタッフ管理と店舗運営のどちらも同じ熱量で改善しようとすると、どうしても売上や店舗環境の重視から、スタッフ管理を後回しにしてしまいがちです。

しかし、そのような悩みを解決するためにスタッフ管理ツールも登場していますので、ツールの力を借りて、スタッフ管理を行ってみるのもよいでしょう。

ABOUT ME
RioOsumi
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチームインターン。 イギリスで小学生時代を過ごした経験から海外事情に精通しており翻訳やマーケで活躍中。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度