店舗DX用語解説

調達から製造、販売と消費者の手に渡るまでの商品の流れを理解しよう!サプライチェーンとは?

サプライチェーンとは

Originally posted on 2021年7月15日 @ 10:58 AM

サプライチェーンとは?

サプライチェーンとは経営に関する専門用語です。

実際、どのように使われる言葉なのか、定義をもとに解説します。

「サプライチェーン」の定義

普段、小売店で購入する商品や製品は、色々な材料や部品を組み合わせて製造した後、小売店などを通して消費者の手元に届きます。

海産物や農産物でも、生産者から消費者へ届くまでには、いくつかの商流や物流を経て届けられることが一般的です。

商品が消費者の手元に届くまでの調達、製造、在庫管理、配送、販売、消費といった一連の流れをサプライチェーンと呼んでいます。

この言葉の語源は、過程の中で繰り返される受発注や入荷という取引サイクルがチェーンに似ているため、サプライチェーンと呼ばれるようになりました。

例えば、自動車製造業のサプライチェーンは、以下のような流れになります。

  1. 鋳鉄や樹脂材を製造・販売する企業
  2. 部品を加工する企業
  3. メーカー、またはサードパーティ企業で加工
  4. メーカー企業にて組み立て
  5. 店頭へ並ぶ

サプライチェーンをマネジメントする

ここではサプライチェーンのマネジメントについて、詳細を解説します。

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは

サプライチェーンマネジメントとは、サプライチェーンにおけるモノやお金の流れを情報の流れと結びつけ、サプライチェーン全体で情報を共有し、連携することで全体の最適化をはかる経営の手段です。

商品を製造する際、サプライヤー、メーカー、物流、小売の関係性を個別に最適化するのではなく、サプライチェーン全体を統括することによる最適化が重要とされています。

サプライチェーンマネジメントの中でも、需要の予測はとても重要視されます。

需要の予測ができていないと、在庫管理が適正化されず、コストを圧迫してしまいます。

これに対して、サプライチェーン全体で需要の予測を行うことで、過剰在庫を防ぐことができるのです。

必要なものを、必要な時に、必要な分だけ届けるジャストインタイムがサプライチェーンマネジメントの基本です。

サプライチェーンマネジメントが注目される背景には3つの要因があります。

  1. 企業のグローバル化
  2. 労働環境の変化
  3. ビジネスモデルの変化

具体的には、アマゾンなどグローバルに展開するECサイトが手軽に利用できるようになり、さまざまなECサイトの利用機会が増えています。

また、日本では、今後労働者の不足も予想され、効率的な人員の使い方や管理が求められる時代にさしかかります。更に、スマートフォンの普及により、どこにいても簡単に買い物ができるようになるにつれ、ビジネスモデルも大きく変化しています。

さまざまな状況や時代背景を理由に、現在サプライチェーンマネジメントは注目されているのです。

メリット

サプライチェーンマネジメントのメリットは、ムダを削減できることです。

マネジメントをすることで得られるメリットを3つピックアップしました。

  1. 在庫の最適化
  2. データの積み重ねによる分析で需要変化にも対応できる
  3. 人の配置を最適化できムダがなくなる

サプライチェーンマネジメントの最適化によって、キャッシュフローが良くなり出荷までのリードタイムも短縮されるため、経営を支援しつつ顧客満足度も高めることが可能です。

更に、サプライチェーンマネジメントでは、全体的な業務プロセスを最適化することができますが、その中でも最も大きなメリットを得られるのが、在庫の最適化です。

仕入れや販売など、在庫以外の情報を在庫管理と合わせることで、常に最適な在庫数を割り出し、管理することができるのです。

その結果、お金の流れも良くなり、作業時間も短くなることから、経営側とお客様両方にとって、良い施策となるのです。

サプライチェーンマネジメントによるテータの積み重ねは、市場の分析にも役立ちます。

専用システムには市場分析の機能が搭載されているものもあり、自動的に需要予測を計算してくれるものもあります。

ビジネスの最適化にもメリットがあるサプライチェーンマネジメントのメリットは、経営に大きなメリットをもたらします

デメリット

サプライチェーンマネジメントは、経営を考えると導入しない手はありませんが、導入や組織への最適化の過程においてデメリットがあります。

  1. 導入コストが高い
  2. 関係企業全体の協力を得る必要がある

つまり、デメリットは手間とコストです。

SCMシステムは安価ではありません。

導入には初期費用がかかり、維持管理にもコストがかかります。

よって、SCMシステム導入することで経営に大きなメリットはありますが、ある程度の経営規模でなければ逆にコストが高くついてしまいます。

最適化を目指すには、サプライチェーン上の関係企業の協力も必要となり、導入には時間もかかります。

SCMシステムを運用して成果を出すには、コストと手間、得られるメリットのバランスが重要です。

まとめ

サプライチェーンは商流や過程を表すもので、サプライチェーンマネジメントはムダのない、効率の良い経営には必須のシステムです。

余剰在庫を減らし適正な人員配置を行うことで、お客様と経営の双方にメリットをもたらします。

SCMは経営に取り入れるべきシステムですが、導入には手間とコストがかかりますので、自社の経営規模とのバランスを考えて導入計画を立てましょう。

ABOUT ME
RioOsumi
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチームインターン。 イギリスで小学生時代を過ごした経験から海外事情に精通しており翻訳やマーケで活躍中。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度