店舗経営戦略

いまさら聞けない、店舗経営って何するの?最初にとるべきステップとコツ!

Originally posted on 2021年7月13日 @ 11:55 AM

店舗経営とは

店舗経営という言葉は、普段当たり前に目にする言葉ですが、実際はどのような意味が込められているのでしょうか。

「店舗経営」の定義

店舗経営の定義は「店舗を運営し、収益を上げることを目標とすること」とされています。

店舗経営者は収益の最大化を目標に、モノやサービスの活用を考え、実際に運用し利益をだします。

店舗運営との違いは利益を出す目的の有無です。店や組織を滞りなく動かすことを目標とするのが運営で、その上で収益の最大化を目指すのが経営となります。

店舗経営の基本

店舗経営の基本と成功に欠かせない要素を解説します。

店舗経営を始めるときの3ステップ

こちらでは、店舗をうまく経営するために抑えておくべき3つのポイントをご紹介します。

事業計画を立てる

店舗にて小売や飲食店を開業するにはまず事業計画が必要です。

事業計画を立てることは、開業する店舗の計画を具体的な数字に落とし込む、ということです。

今後、長く健全な経営を目指すにあたって、無理のない事業計画なのか俯瞰的に見定めることはとても重要です。

事業計画は、金融機関から事業資金を借り入れる時に必要になるため、事業計画書としてまとめます。

基本的な構成は以下の通りです。

  1. 開業する店舗のコンセプト
  2. ターゲットとなる客層
  3. 開業資金や運転資金などの計画
  4. 事業の見通し

計画通りに進めることは難しいですが、見通しを立てるためにも計画書を作成することは重要と言えるでしょう。

資金調達

開業資金や運転資金を自己資金で補えない場合、資金を調達しなければいけません。

資金調達は主に、融資または出資を受けることです

主な調達先は以下の通りです。

  1. 日本政策金融公庫からの融資
  2. 地方銀行や信用金庫からの制度融資
  3. 銀行やクラウドファンディングからの資金調達
  4. 血縁や親族からの資金調達
  5. 他人からの資金調達

開業する人にとって、金利が低く無担保、無保証で借入ができる日本政策金融公庫からの融資はとても魅力的です。

銀行などの金融機関や、家族、知人友人からの融資という資金調達のほかに、クラウドファンディングからの資金調達も可能です。

クラウドファンディングから調達した資金は、返済の義務がありませんので開業当初の資金繰りに大いに役立ちますが、運営会社への手数料を把握しておく必要があります。

スタッフ教育

スタッフの接客スキルは店舗経営において、とても重要な項目です。

対応によっては、口コミで店舗の評判がよくなったり、悪くなったりします。

会社を代表する意識を忘れないよう、指導しましょう。

スタッフ教育において、重要なポイントは以下の4つです。

  1. 指導内容のマニュアル化
  2. 能力の可視化
  3. スタッフのモチベーションを上げる
  4. 苦手克服の仕組みつくり

接客は、一定の水準を保つために、均一化を図る必要があります。そのため、教育の内容は制度化されたマニュアルを作成します。

教育の段階でスタッフの能力を可視化し、スタッフ個人の評価・改善点がわかりやすい仕組みを作ることでスタッフのモチベーション向上に繋がります。

成功する店舗経営

店舗経営を成功に導くにはいくつかのセオリーがあります。

ここでは、3つのセオリーを解説します。

経費削減

経費の削減は、利益を追求するためにどんな業種でも大事な要素となります。

しかし、店舗のクオリティを落としてまで経費削減しては本末転倒です。

そのため、いかに店舗の顧客対応等の質を落とさずに経費を削減できるかになります。経費削減を考える時は、固定費から見直してみると良いでしょう。

固定費削減の工夫例は以下の通りです。

  1. 電気料金のプランの見直し
  2. 保険リース契約の見直し
  3. 人件費の調整

商材の品質担保

提供するサービスの質は、店舗経営の成功のカギとなります。

業態によって内容は異なりますが、飲食店の場合、提供する料理の味が一つの成功の鍵となりことは言うまでもありません。そして、クオリティとは、常に同じ品質、同じ調味料の使用、同じ手順、同じ温度で均一な提供速度の均一な品質の提供を指します。

誰が担当しても、よい品質を提供できる、ということが重要です。

品質を担保するには、入念に作成されたマニュアルが必要です。

接客力

接客も商材の品質と同様に、質の高さ・均一さが求められます。

飲食店を例にあげると、「予約」「入店案内」「オーダー」「料理の提供」「退店時のお見送り」などが接客の質に該当します。

予約や入店案内路の対応は、店のカラーや態度を表すものとなり均一さが求められ、顧客から厳しく見られるポイントでもあります。

一般的に、顧客は自分たちに気を遣ってくれているか、という点を気にしています。

マニュアル通りに接客だけでなく、お客様への気遣いも忘れずに行うことができる仕組みを作りましょう

まとめ

店舗経営にあたって大事なことは、しっかりとした事業計画の設計と、お客様への気遣いを忘れない接客を行うことです。

軌道に乗ってきた段階で、経費の削減などにより利益を最大化すると良いでしょう。

お客様の満足度を念頭に置いた店舗経営を行い、事業を成功へ導きましょう。

ABOUT ME
RioOsumi
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチームインターン。 イギリスで小学生時代を過ごした経験から海外事情に精通しており翻訳やマーケで活躍中。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度