店舗DX事例

USEN-NEXT GROUP、最先端の店舗DXが体験できるショールーム併設型オフィス開設【店舗DX最新情報vol.1】

こんにちは!毎週月曜日に、最新の店舗DXの最新情報を配信していきます!

今週のTOPニュースは??

USEN-NEXT GROUPが、最先端の店舗DXが体験できるショールーム併設型オフィス「USEN SQUARE NAGAOKA」をオープン

USEN-NEXT GROUPは長岡市と協定を締結し、長岡で暮らしながら首都圏の企業に就業する人を応援する「NAGAOKA WORKER」プロジェクトを始動し、8月30日に「USEN SQUARE NAGAOKA」をオープンさせました。当施設では、一般的なオフィスと異なる大きな特徴として、USEN-NEXT GROUPが提供する店舗DXを体験できます。長岡市から新しいワークモデルを推進していきます。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000647.000003515.html

FollowUPくん

地元で就職を考えている人にとってはとても面白い取り組みだね!

続いてのニュースは??

リアル店舗の逆襲。日本の小売・流通業界の生存戦略とは

・業界全体のDXを進めるには、経営者のリテラシー向上と企業間のデータ共有が必須。
・業界共通商品マスタをオープンソースで提供することで、データの標準化を。
・技術的にはリアルタイムかつ1on1での商品レコメンドも可能に。
・店舗を広告メディアや物流の拠点に。リアルとECの融合で、購入体験を最適化。

https://www.excite.co.jp/news/article/DigitalShiftTimes_315061d8a1bac4893109d79eaea9cbae393a557a/

FollowUPくん

DXでますます便利になる世の中や店舗の進化が楽しみだね!

最後のニュースは??

0円からはじめる店舗アプリ「OneStack」、メガネのプリンスへ導入

株式会社インプルが提供している、リアル店舗を持つ事業者向けDXソリューションサービス「One Stack」を「メガネのプリンス」(株式会社ムラタ)国内全58店舗にて2021年9月1日より導入開始しました。
「One Stack」は店舗やブランドのオリジナルアプリをノーコードで構築できるのが特徴で、従来よりアプリ構築が簡単になるため価格が抑えられ店舗を持つ事業者は気軽に始められます。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000007.000066988&g=prt

FollowUPくん

簡単に始められる上に機能も充実していてこれは使ってみたいね!

いかがでしたでしょうか?日々新たなサービスが生まれていて、店舗DXがますます盛り上がっていくのがわかりますね。

店舗DX.comの最新記事も要チェックです!

ポスターや看板はもう古い!デジタルサイネージを使うメリット・デメリットを徹底調査!
ポスターや看板はもう古い!デジタルサイネージを使うメリット・デメリットを徹底調査!現在では紙のポスターや看板に代わって、電子掲示板で広告や情報を発信する媒体の需要が高まっています。自社が目的とする情報発信の方法にデジタルサイネージを利用することが最適か、記事内のメリット・デメリットを参考にしてみてください。...
ABOUT ME
NamiShibuya
データセクション株式会社事業開発部マーケティングチーム。広告代理店や事業会社でSEOコンサルティングやシステム運用保守などを経験。最近はオウンドメディアの立ち上げがメイン。
お役立ち資料
店舗DX診断チェックリスト
・店舗DXは難しくない!
・店舗DXが必要か診断!
・チェックシート売上のKPIを分析すると
・来店人数がわかったら何ができるの?
・DXのサービス一覧

読むべき度  

カスタマージャーニーマップ

・カスタマージャーニーマップとは?
・カスタマージャーニーマップの使い方
・店舗の売上を上げるためには
・必要なのは来店客数という真実
使える度  

店舗DXシミュレート
・店舗売上額と店舗数を入力するだけ!
・Excelで10秒で分かる
・売上UPの計算式で自動判断
簡単度